鴻雁北 こうがんかえる

鴻雁北 こうがんかえる雁が北へ帰っていく

雁(がん、古名かり):「鴻」は大型、「雁」は小型の雁をさします
どちらにしてもサイズは、「鴨」<「雁、鴻」<「白鳥」です

厚顔じゃないです



渡り鳥はなぜ数千キロの距離を正確に移動できるのか?
一所懸命だからです!

wなんか磁場が大きく関係しているらしいですね




春の従者であるツバメやカッコウたち、ちょっと立ち寄り組みのシギやチドリたちの羽音を確認した後、冬将軍の後を追うのが彼らの役割

春の女神フローラにいとまごいをし、春風の後押しを受けながら北へと飛び立ちます



今頃はウトナイ湖(北海道苫小牧市)で、最後の調整中かも・・・・・・
『雁ばって 雁ばって と声援を送ります   うん』




※ウトナイ湖には渡りをしないハクチョウたちもいます
『怠け者』と言わないでください
また来る仲間たちに、この湖が今年も安全であることを知らせるための使命を背負っているのです
というふうに考えてみましょうww

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いち乃そら

Author:いち乃そら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる