have fun70 エメラルドクーラー



エメラルドクーラー


忙しくもなく、かといってヒマでもない一日が終わった
最後の客を見送って、小一時間ですべてが終わった
 
看板の灯りを落とし、カウンターの中に戻ろうとして、なにげなくカウンター席に腰を降ろしてしまった
『ブラックレインにしとけばよかった・・・似合わないものを飲んじまった』
最後の客の付き合いだった
エメラルドクーラーをサーブした直後にブラックレインのオーダーを入れ 
『人間にとっていちばん寂しいのは、
何を見ても、何を食べても、何の感動もしないこと。
感動をしなくなったら、人間おしまいだと思うんですね。
こんな淋しいことはないと思います。』
そう言ってブラックレインの方を飲んだんだ
『まっ 『死んでもらいます』じゃなくてよかったけど・・・似合わないもの飲んじまった』
シェードを降ろし忘れたバックバーを眺めた
ふと睡魔が寄りかかってきた
 
どこまでも続くカウンターがあった
先の方は闇の中にのびている
気が付くと、いつもはカウンターの中から見ている『のん兵衛の最終章』の姿で、闇の方を見ていた
ずっと遠くで『カランッ』と音がした
そして
『コロコロコロ・・・・・・』
何かがころがってくるようだ
遠くに光が見える
やがてそれは緑色に輝きだした
その輝きがだんだん強くなりながら近づいてくる
 
 
その輝きに包みこまれたところで目が覚めた
『いまさら・・・幸せになってもなあ・・・』
粘土のように重たい体をせせら笑いながら店を閉めた
 
鍵の音を確かめたかのように、バックバーのクリーンボトル達がほのかに光った
イブニングエメラルドの輝きに応えたかのように



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いち乃そら

Author:いち乃そら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる