have fun62  フレンチ75&95

            
UHP-1262 United HOMME-President-(ユナイテッドオム・プレジデント)コードバン×メッシュカードケース【名刺入れ メンズ 編み込み コードバン イントレチャート 本革 牛革 牛皮 レザー 馬革 紳士 ブランド セール sale】


フレンチ75&95

電車で移動中、いつものように本を読んでいた。

ふと、目線を上げたのと紙が擦れるような音がしたのと同時だった。

目の前に何かが降ってきた。
反射的にそれを受け止めた。

「あっ  すみません」

隣の乗客が棚に載せてあった包みが落ちたらしい。

「大丈夫ですか?ごめんなさい・・・」

とても良い『ごめんなさい』だったので

「大丈夫です。ただ読んでいたページ行方不明になりました」
と笑って、包みを渡した。


連結ドアの傍に座っていたので、棚に戻すのを止め今度はドア際の足元に置き直した。

「すみませんでした」
ともう一度言い、会話はそこで途切れた。


見失ったページを見つけた私は、笑顔で会釈だけして先を読み始めた。



30分もたったろうか
電車がホームに止まった。

彼女は『はっ』として慌てて降りていった。

間もなくドアが閉まる。




あの包みがポツンと残っている。

電車が動き出してしまった。

私が体をひねってホームを見ると、彼女が呆然と立っているのが見えた。

私は、右の人差し指を自分に向け、左手の人指しで彼女を指した。

視界から彼女は消えてしまった。


『伝わっているだろうか・・・』

少し不安だったが、次の駅で降り、後戻りした。
勿論、包みを持ってだ。

彼女はホームで待っていた。

「ごめんなさい」
もう、続く言葉がない。

顔を赤くして小さくなっている。

「もう一度お会いできて光栄です」
と言ってあげた。

やっと顔を上げた彼女が小さく微笑んだ。
間もなく電車が入ってきた。


「ここからは近いのですか?目的の場所まで」

「ええ 後は歩きです。3分くらい・・・もう離しません」

「じゃあ ここで・・・もうついていきませんからネ」
電車のドアが開いた。


「そうだ、もう一度会うことがあったら、30分サボってコーヒーに付き合ってください」
彼女の笑顔に小さく手を上げながらつり革につかまった。
 
 
 
 
 
 
BGMにピアノトリオが流れている。
会話をさえぎらない程の音で。

このバーは2回目

包みを受け止めてから5回目の隣どうしだ。

最後のグラスに、彼女はフレンチ95、私は75をオーダーした。

4回目と同じだ。

二人の年の差と同じ。
ただ西暦でいうと、お互い都合のいいようにサバを読んでいると言うことは既に告白済みだ。
通勤路線でリンクしている駅があり、そこで待ち合わせ、時折飲むようになっていた。
仕事の話や、プライベートの話。
メールアドレスは知っている。
業種も概ねわかっているが、お互いの名前は知らない。

「それでいいかね」

「はい。それでいきましょう」
と3回目のときにまとまった。
 
 
 
 
 
 『しまった』

乗り換えの駅で携帯が鳴り、話している間、そばに立てかけてあった傘をそのまま置き忘れてしまった。

改札の向こうとこちら。

『さて、どうする』
傘を眺めた。

その時、一人の女性がその傘を取り上げ、こっちを振り向いてニッコリ笑った。
親しげな目をして。

『誰だろう』

「先日はありがとうございました」
彼女だった。

彼女もこの駅で乗り換えだと言った。

声をかけようとしたら私が携帯を使い始めたために、チャンスを逸してしまったので自分も携帯で友人にメールを打って、目を上げたら、そこには傘しかなかったのだと改札越し言った。

「私がそちらに戻ったら、約束は果たしてもらえるのだろうか」

「喜んで。美味しいところ知ってます」

どうすべきか迷っていたのが不思議なくらいに、私は駅員のいるところに行き、それなりの理由を告げ、改札を出た。

「また会いましたね」

「でも、今度忘れたのは貴方のほうでした」
彼女が微笑んだ。

「しかも同時に二つ」

「二つ?」

「傘とわたし」

「・・・」

「『誰だろ?』と思ったでしょ?顔にそう書いてありました」
一緒に笑った。


美しいといっても良いのだが『可愛いのだ』と思うことにした。

「じゃあ忘れたお詫びも含めてコーヒーでも」

「お供します」

胸ポケットに手を伸ばした
「ああ」
と言って手を止めた。

胸ポケットの名刺ケースから手を離した。

「名刺は出さないが、それでいいかね」

「はい。それでいきましょう」
歩き出した彼女に従った。

ヒールが心地よいリズムを刻んでいた。


              
[ 21.5 22.0~25.0cm ] フカッと履いて優しく包まれる 3Eワイズのコンフォートパンプスコンフォート パンプス ローヒール Dona Miss ドナミス 4016 ワイズ 3E 本革 コンフォートシューズ レディース 靴



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いち乃そら

Author:いち乃そら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる