have fun76

           
お月さまのようなあたたかな光に包まれる癒しのランプ。セール SALE %OFF リビング シンプル 激安 新生活 北欧 大人カワイイ モダン ナチュラルランプ 照明 ボール型ランプ/L(25cmタイプ)不二貿易 E26W40 照明 北欧 和室 おしゃれ 新生活 北欧 大人カワイイ モダン ナチュラル



        
月とグラスとバーテンダー


バーテンダーが
ふっ
と笑って
唐突に話し始めた
 
 
大きなビルとビルの谷間にそのバーはあったんだ
そうかなり前のことなんだ
 
 
大きなガラス窓があるんだけど隣のビルが近すぎて役に立ってないんだ
隣のビルの窓はシールで目隠しがされている
 
そんなバーにどうして迷い込むことになったのかさ

会社の飲み会があった後
一人駅に向かう、つま先が自然と

そんなわけないんだが・・・
なんだか引き寄せられるように階段を登っていったんだ
 
もう勢いというか
アルコールよりも冷たいチェイサーが恋しくなって・・・




誰もいないんだ
そう、お客もバーテンダーも
 
ああ
そのうち来るだろうと思って上着を脱いでタバコをふかしたんだ
 
なかなか戻ってこなくて
ちょっとさ 不安になってトイレを見に行ったけどいないし
バックのキッチンを覗きながら声をかけたり・・・

いないんだよ
 
勿論カウンターの内側にころがっているわけでもない
あきらめて帰ろうかと思ったんだが
 
磨きあげられているグラスがカウンターに一つ
まったく溶けていない氷の入った桶が目に入ったんだ
 
『あれっ はなからあったっけ?』
と思いながら、喉の渇きを思い出した
水くらい・・・こんだけ待ってるんだから・・・
カウンターの中でグラスに氷を入れ水を注いだんだよ
 
 
その時さ、
窓の外が急に明るくなったんだ
月が隣のビルの目隠しに反射してバーを明るくしたんだ
 
でもそれはちょっとだけ違ったんだ
その月は
まばたきしやがった
 
俺は目を離す事が出来なくてしばらく睨まれていた
それも月が動くように、次第に窓から離れていったのさ
 
やっと開放されたおれはカウンターの内側から店内を見ていた
 
するとよ
ドアが開いて・・・・
客が入ってきたのさ

 
ふっ
と笑って 
バーテンダーの話が途切れた
 
 
そういえば
『どうしてバーテンダーになったの?』
って
ちょい向こうのキャピキャピお姉ちゃん達に聞かれてたっけ



「へぇ~」
という返事をもらったバーテンダーが首をすくめた


 
『大丈夫、オイラは信じたぜ』


           
ソフトクリームのようなモコモコ濃密泡 無香料・無着色の低刺激洗顔アトピーがきっかけで生まれた天使の約束moiPlus(モアプラス)洗顔ソープ【低刺激】


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いち乃そら

Author:いち乃そら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる