have fun97

                 
 大丈夫、誰かに頼ってもいいんです。 頑張らないからうまくいく!/青陰沙莉【後払いOK】【1000円以上送料無料】


    アベレージなんちゃって と グリーンフィールズ



「変な人ね」





グリーンフィールズを口元から話しながら彼女は言った

「ん~・・・」
「へんちくりんな事を言ってると思えば へぇ~そうなんだという事もあるし でも実はそれも危うそうな気もするし 8割くらいは理解してないとしゃべれなさそうな事も言うし・・・・・ 変!と決めるけるには、少し躊躇するタイプなのかしら・・・あなた」

「一つ一つのパーツは真剣なんだけど・・・・でも おしなべて?トータルで? やっぱりナンチャッテなんだ  わな」

「ちょっと わかった」
グラスを口に運びながら彼女が言った
 


「今 グラス磨いてるだろ?」
「ええ」
「で、 後ろにおか・・・れたろ?」
「ええ」
「なんで 伏せて置くかわかる?」
「ホコリが入らないようにでしょ?」

「ほぼ正解」
「ほぼなの?」

「そう ホコリが入らないのは結果論だ」

「じゃあ 何故よ」

「お客があまり入らないので、回転するグラスの数は知れていて、特にあのタイプのグラスはめったに使わないので、お手入れをサボるためさ それとグラスを大事にしてないから」

「いくつもあるのね 正解が」

「そっ 真実は一つじゃないんだ」

「でも グラスを大事にしていない というのはどうかしら・・・そうは見えないけど・・・」
綺麗に並んでいるグラスストッカーを見ながら言った
 


 
「そこだ 君は逆立ちしても美しいが、グラスはそうはいかないんだなこれがまた 美しさの立ち位置が決まっているのさ」

「ああ そうなのね 言われてみれば グラスって・・・そうね」

「ガラス戸がついているにもかかわらず、伏せて置くなんてグラスの美しさを台無しにしてるよ」

「ずいぶんと美しさにこだわるのね」

「うん ないものねだり」

「あら そう 私が横ではご不満なのかしら」
彼女は軽く睨んだ

「本来の美しさは、その服の下にあるのに・・・僕は放置したまま台無しにしている」
「ばーか」
「でへっ」
「あなたって・・・ほんと~に」

「ん?」

「アベレージなんちゃって なのね」





「そなの」


            
 100点満点とれる子の育て方 平均点以下でも必ず伸びる習慣/西角けい子【後払いOK】【2500円以上送料無料】



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いち乃そら

Author:いち乃そら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる