have fun103

              
当日~翌日365日迅速発送 おとぎやmagical あまえんぼうワンちゃん こいぬのマメシバ イワヤ  4966510301555

ゴッドマザー&マイタイ


腰を痛めた
『まただ』
『いや 腰だ 腰だって』
会社を休めない程度の痛みなのが厄介だ
 
でも仕事が終われば
こうやってお行儀悪くカウンターに肘をついている
甘めに作ってもらったマザーを舐める
こわばったボディーとエンジンが弛緩し始める
 
ママの姿が見えなくなると
天邪鬼が肩をたたく
カウンター越しに見える部分を大げさに舐め見して

「ん~ オーバン?」

「失礼ね しかも疑問形 麦茶のお醤油割りでもお作りしましょうか」

「少しは 賢くなるかな それ」

「さあ どうかしら 効くようなお薬もなさそうですし」

「あれっ オイラ おバカ?」

「勘だけは 冴えてらっしゃる でもうちは燗も缶も残念ながら・・・・扱ってございませんわ」


指先が14年を遡る
ボトルを持つ右手が手首で応援する
メジャーカップに注がれ
『ししおどし』のようにグラスへと返っていく
淀みのない動きを黙って見ていた

カウンターでジャケットが誇らしげに胸を張った

「丸になさる?」

「いや」

「ス? それともトワイスアップ?」

「いや」

「ストレート   ?」

「うん」

「まあ そんなメンタルには見えなかったけど」

「気まぐれさ」
しげしげとボトルを眺めた



グラスから入り江に流れ込む南風の誘いがあふれ出した
「あっちで飲んでいいか」

「いいけど まだちょっと風が冷たいわよ」

「冷たい奴とは妙に気が合うんだ」
 
海に流れ込む川のほとりにこのBarはある
テーブルが2つウッドデッキにあり夕暮れには西陽を受ける

「似合わないが夜だから いいだろ?」

「ごゆっくり  寂しくなったら呼びに行くわ」

「サンキュ そうしてくれ」
グラスといっしょに闇にまぎれたかった


3枚あるシェードを2枚
内側から降ろしてくれた
振り返らずに片手を上げた
 
 
 
星空が少し靄った
 
 
中の明りが落ちた
「閉店だって 追い出されちゃった」
ベンチウォマーが飛んできた



同じベンチウォーマーとグラスが二つ隣に座った
「何 それ」
「寂しくて なんとかしてほしい時に 飲むのよこれ」
「マイ・・・・・ あっ・・・・・あっマイタイ?」
「合格!」
「オバンギャグ・・・」
「こいつぅ また言うか!」




カウンターではけっしてお目にかかれないほどベースが濃い
「? 濃かった?こっちは?」
一口飲んで差し出した
それにはベースが少しも入っていなかった
 
「じゃあ お直しするから手伝って  」
「ええ よろこんで」



               
ロング丈で脚まで暖かいベンチコート・ベンチウォーマー!【防寒コレクション】【いしょくじゆう】【クロダルマ】【レビューを書いて割引】●あす楽●保温のハットトリック!ベンチコート(ロング丈/おしゃれ/黒/部活/観戦 裏ボア 衣職自由)【ベンチウォーマー】(スポーツ/アウトドア/サッカー/ウエア/ジャケット/防寒/)【作業服・作業着・事務服・企業制服の楽天通販】


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いち乃そら

Author:いち乃そら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる