@14 ウォーキング

なんだか久々に あるって来たわけですw

しかもショートコース

もう 〇/ここ 書くのやぁ~めたww

なんか寒かったり、雨降ったりで 巧妙にサボったわけじゃないんだけどね



あるって来て
まず白湯をのみ
タバコを吸うとお風呂にいくのが のびのびになります

えいやあ! とお風呂に入ると そのあとがスムーズなんです


今日はうまくいきましたw
そして今は ウイスキーソーダを飲んでいるわけです

ライム1/8
ウィスキー60cc(入れすぎましたw)

ソータ
※ソーダを入れた後はまぜない

それを飲み終えて ジンジャーエルにしたところで
話を戻します



最近 年度末を目の前にして、いたるところで道路工事してますよね
一晩中の仕事です
それが仕事だからね と言ってしまえばそれまでですが、大変だと思います
体力消耗するよねえ
終わったあとフロッピー行って温まって一杯やって なんてことはないでしょうw
体力つく  前に 消耗  だよねぇ

アスファルトはがして 工事して アスファルトして(これは仮) アスファルトはがしてキッチリアスファルトしてぇ

見ててムダっぽいけれど なんか規制があるんだろうね



おっと 忘れるところでしたw
トータル     12,077歩
P  W      10,425歩
距  離     9.2キロメートル 
消費脂肪    65.1g
でありました^^
何とか1万歩クリアです




後付け




いにしえの人は良く表現したもので
「土筆(つくし)」
3月の初旬、まさしく「草木萌動」のころにお出ましになります^^
経験はないのですが、「てんぷら」・・・食べてみたいです

実は、「春だねえ」「かわいい」「美味しい?」とばかりはいってられないのです
ピンとくる人は意外に少ないかもしれません

「土筆」の頭の部分、ここは「胞子」なんです
「種」で増える(殖える)のではなく「胞子」で増え(殖え)ていくんです
シダ類なんです
「土筆」は、その担当です

「土筆」が終わって出てくるのが、栄養を吸収し根を広げていく役割の・・・・・
「スギナ(杉菜)」・・・そう あれですww

ご存知でしたでしょうか?

「土筆」は春の野草(食)から「スギナ」という厄介なやつに流れていくわけですw



似ているのが

「ふきのとう」です
これは「食」から「食」ですw
だいたい3月の初旬がピークでしょうか
地域差もありますし、陽射しの当たり具合(地面の温度)によってもいろいろですね
「ふきのとう」が花を咲かせ終わったら「蕗(ふき)」が出てきます

「蕗(ふき)」を浅く炊いたものは、香りも豊かで・・・
なんでしょうかねぇ 自然?大いなる恵み?に対して いささか謙虚な気分になります


「ふきのとう」と言えば
ほろ苦く・・・・ 茹でてあくをとり・・・・ 

wwではなくて
北海道出身の男性デュオを覚えていますか?解散しても尚、根強いファンが離れませんね
ユーチュで是非一度ご視聴あそばせ^^

草木萌動(そうもくめばえいずる)

草木萌動(そうもくめばえいずる)



「木の芽時」というと馴染みますかね

咲く花も綺麗ですが、今まさに新芽が伸びていく様は
まさしく「芽が吹きでる」という感じです

それが一斉に・・・となると「萌え」となるわけですな

ええ それが木の新芽でも、庭の雑草でも です^^

会社の植え込み レッドロビン 
先端の赤が・・・「春」です^^
レッドロビン2


レッドロビン3


※小さいんですけれど、カマキリの卵にも見えます
 だとしたら、暖かければ3月後半、普通でも4月の前半には「やあ^^」かしら
 でも、ちっちゃw

前ふり^^

前振り

正体(しょうたい)はどっち?
「萌」「萠」
正体:「萌」
俗字:「萠」
です
※俗字がいけないと言っているのではありません^^
「ここが解かりやすい^^」

俗字は「ダメ」ではなく実際に使われているのです
生活の中では正体も略字も俗字もそれぞれ生きています
この「もえ」は人名用漢字として両方とも成立しているケースです^^
ただ、正式な文章(書類等)では避けるべきものだとされています

私が以前勤務していた所(学校法人)の名称には「萠」が使われていましたw
意味が変わるわけではありませんので「素晴らしい(く)芽吹き(く)」という意味で好きです

ww「もえぇ~^^」は使い方としては、誤りだと思っています^^

沖縄料理 しまあかり 日野市

人の失敗は聞きたいものw

故に、自分の失敗は隠したいもの


昨日、日野市の「しまあかり」で部署のメンバーと飲み会をやったっちゅう話は知っていますよね


オイラ、しこたま呑みましてぇ、記憶があまり残っていません


気がつくと誰もいない
お金を払った(ハズ) 帰してもらってるからね^^
(領収書をもらい忘れて翌日もらいに行くという恥の上塗りw)

駅構内の一部を歩いたw
気がつくと反対方向に向かっている電車の中で目が覚めた

間違って乗ったのやら、終点で折り返してきたのやら

そこから先は
終電 終電の綱渡りで高尾まで帰りつきました
一時は豊田からタクシーか?と腹をくくったwのですが、ギリセーフ

高尾駅からタクシーで・・・・・帰宅


騒いだわけではないのですが、泡盛に撃沈


今日、「昨日って どうだったわけ?」って聞きましたよww
どうやら「ぼくは もう少しここにいる」と言って残ったようです




気に入った泡盛は『与那国』という名前です
コース(無制限呑み放題つき)内容は全12品
画像を撮る趣味はないのです・・・・
固定ではなく、いろいろ変わるそうです


ラフティー(絶品)を追加で頼みました


海ブドウの鮮度は 抜群
ラフティーはとっても美味しいです



あんまりマネしちゃ嫌だけどw
ラフティーはテイクアウトOKだそうです
ただ毎日あるわけではないので電話確認が必要です

※5時半開店で、その前は仕込みで忙しいのです
手短に確認、注文、間違いなく取りに行ってください

お店の雰囲気の中で食べるのがベストですけどね^^
またね^^のお愛想もちょっぴり嬉しい

まさしく 足し算

あくまでも個人的な印象
他の方が、読んでどとうるかは感知しない事なんです

基本的にマイナスの印象を持ったときには自分の外に出さないのが流儀ですが

たまたま
『引き算する勇気―会社を強くする逆転発想 (岩崎邦彦著 日本経済新聞出版社)』
を読んでいたので、出来心^^


まさしく足し算!
ぐっと引き付ける何があるのか気になっていました

2種類あってセットで850円900円
トレーにスプーンとフォークそれにチョイス小鉢と飲み物
トレーはこれでいっぱい
ちなみにフォークはこれまでのものを流用(まあ そうでしょうね)
スプーンが 後で解かる事になったのですが、これを食べるならこんなのでいいかという印象
おそろいのものではありません(もう ここから力入れて欲しいですな)

席について待っています
? こんなに待つ? 早いのがとりえのメニューではなさそう
やがて チーーンの音

このあたりからモヤモヤしてきました

サービスされます
トレーはいっぱいなのでテーブルのあいている所にトンと置かれる
コーヒーのカップをよけて物をトレーにのせる作業w


雰囲気ないなあ
でも味よ 味

ここからは本当に個人的な印象です
香りはそこそこでも、こっこれが新メニューの○○○かぁ △△―△恐るべし!
といった感触は全くなし

どこかに「こだわり」がないかと探しまくりましたが、○○○専門店と比較して、「こしゃくなるポイント」が・・・
何のためにメニュー化したのだろうという疑問 疑問  疑問(エコーを効かせてください)

ライスのコンディション
ん~ 勿論ダンゴメシではないですが・・・・
ん~ さっきのチーーンの音がこれなのかなあ
粒こそあれ、パッキリ感のない
ん~  ん~


ターゲットはどのジェネレーションなんだろ
ん~ ん~


近くのコンビニのイートコーナーで食べている人に
『それ 正解!』
口にはださねども  伝わった  ハズww


さてさて どうなるのでしょう
もうスタッフは判断していると思います


「常連」 考



初めてのお店に入る時
躊躇しますw
外から中が見えるとして、誰もいないのもなんかねぇ
かといって、カウンタのお客たちとスタッフが盛り上がっている風な景色も・・・・



「選ぶ」って大切だと思います
馴染んでいるから、いつでも「あの店」ではなくて
5,6人のグループになったら居酒屋で、3人くらいまでなら小料理屋、広めのスナック、一人ならあの止まり木
その時の「楽しみ方」を考えて上でお店を選んだほうがいいんじゃないかなあ



「常連」というけれど

お店の立場から(いいの?わるいの?)
単価は低いけれど、ちょこちょこ来てくれる客
にぎやかで、邪気がなく楽しくきれいに飲食してくれる客
いつのまにか暇つぶし専用客になっていて忙しい時には相手をしなくて良い客
わいわいやっている割には、次の客のために、さも帰るところでした風に席を譲ってくれる客
まるでスタッフのように他の客の世話をやきたがる客
親戚か竹馬の友くらいなれなれしい客


常連客の立場から(常連なの?)
それなりに扱ってもらいたいものだという気がする
何かサービスしてくれるなら、他のお客にわからぬようにして欲しい
いつも頼んでるやつおぼえろよ
その日その日の気分があるので、決め付けるのはやめて欲しい
身の置き場所が欲しいんだ
素の自分に戻りたいんだ


常連でない客の立場から(あたり?はずれ?)
店内がいかにも常連オーラに包まれているのはやだ
会話が完全にタメになっていると、帰りたくなる
みんなもそうだから、ねっあなたもどうぞは帰りたくなる
常連とお店の距離感が近すぎるお店に入ってしまったら後悔する
会話をたちきってオーダーするタイミングを探りながらなんて疲れる


難しいよね
そのお店のスタイルにもよります
ん~「常連」になる事を求める人もいるかもしれませんが
まず「常連」の作法、マナーを身に付けるべきでしょうね
① そのお店のカラーをしっかり理解して、自分一人の時と他にお客さんがいる時の区別ができる事
② 他のお客さんと交流する場合も、お店を楽しんでもらいたいという気持ちがあり、自分4:他者6の気遣いができる事
③ 自分とお店の距離感を守る事
④ 一見のお客よりも先に席を立つ事(なかなかできないですw/でもその後でそのお客さんがお店に馴染むのですから)

最低このくらいは・・・・ねぇ
あっ 支払いはその都度ちゃんとする事^^(あたりまえww)
今時「つけ」なんかほぼないでしょ
でも、お店側がそれを「よし」としている客がいるとすれば、その人こそが「常連」かも^^


常連の定義
いつも機嫌の良い近所のご隠居さんで、今は社長職を退いて悠々自適、支払いは後でお嫁さんが払いに来てくれて、年に何度か会社のほうでも貸切で使ってくれるし、社員さんも誰かしら毎日のようにちらほら腰掛けている


ん~ オイラもまだまだ  
てか「常連」にはなれそうもないなwww

清く楽しく綺麗に呑むことに努めるとしますか^^


23:00を過ぎると・・・・

シンデレラのお話を知っているかい

そう あのガラスの靴の 魔法使いの 舞踏会の ねずみの馭者の かぼちゃの馬車の

12時を鐘が伝えるとすべてがもとに戻る



なんだわ わかたわ w
オイラ23:00を過ぎると お腹へるw
無性に何か食べたくなる


ほらっ ねっ
wwwwwwwww wwwwwww


ということは
23:00前に布団に入ってしまえばなんとか
このありさまを回避できるハズ

これなら食べていい
じゃなくて
「食べない」が正解なんだ


そうしなと

王子様に見つけてもらえなーーい^^
うふっ


ということで
まあ なんだな  あしたから そうするw



吞み会^^ 

明日吞み会

だからウォーキングはお休み^^

会場は日野駅近く
ん~っと 松屋の坂を少し登ったところ

しまあかり さん^^

沖縄料理です

会社の人を
カフェバー オーブリューというところに連れていくつもりが
もうお店を閉めてらっしゃって・・・・残念 残念
しばらく ご無沙汰して 久々に・・・そんな時すでに止まり木はなく
悲しいものです


いろいろご事情があったようで
んで  といっては失礼ですが
同じビルの中の 「しまあかり」へ

かなり前に一度入ったことがあります
(改装まえだそうですw)
その「しまあかり」の店主からオーブリューの事を教えてもらいました

会社の人が
なんだっけ豚の角煮の沖縄名

それが美味しかったということで、明日の吞み会の会場となったのでした



貸し切りじゃないので(8人グループ)
明日「しまあかり」で会いましょう^^


お待ちしています^^


ちなみに
「しまあかり」はこんなお店

@13/17ウォーキング 命名式^^


さて あるって来たわけですが

間違っていました
単純ミスです 単なるおバカです
10kmを125分ではなく105分で歩いていた計算でした
分速で 10000m÷105分=95mです

今夜は80分です
分速95m×80分=7600m
分速は平均値なので・・・

ショートコースを作りましたwww
計算では5kmはあるけれど6kmには届かないでした
後日改めて計算しますが6kmは確保できていそうです

ロングコース10km
新規命名ショートコース6km
という感じ

30分早くアップできるとその後の過ごし方がかなり楽になります

ゆくゆくはどちらかがレギュラーコースwになることでしょう
レギュラーコースとロングコースか
レギュラーコースとショートコースか
それは次の命名式でwww
できるだけお休みを少なくするための「策」であります^^

集計が面倒なので6kmコースの時はタイトルのヘッドに@を付けることにしました

ショートコースの詳細は後日という事にして


さて本日の
トータル     11,766歩
P   W     10,301歩(かろうじて1万歩^^)
距  離        9.0km
消費脂肪      64.3g

こんな感じ^^
プロフィール

いち乃そら

Author:いち乃そら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる